インクの使用用途

羽根ペンへの憧れ

インクと聞いて、最初に頭に浮かぶのが、羽根ペンとインク瓶と黒板消しのような吸い取り器です。子供のころに見た映画の中の書斎のシーンで、主人公の家に、重厚な本棚や机があって、その机の上に、筆記用具や、家紋入りの便箋があるのです。何の映画だったか全く覚えていませんが、羽根ペンが素敵で、いつか、手に入れて使ってみたいと思うシーンがあります。手紙を書くときもサインをするときもその羽根ペンがいつも机にあるのです。そして、最近になって、高級文具専門店で、羽根ペンを発見したのですが、あまりの値段の高さに、羽根ペンはあきらめてしまう方が大勢いるのではないでしょうか。値段の安い万年筆を購入する人々が多いのでしょう。その万年筆は、インクを補充するのに、インク瓶から、スポイトのように吸い込めるカートリッジになっていて、それはそれで、マニアにとっては楽しい日膣の作業になっています。このインク瓶が曲者で、うっかり倒すと大変なことになります。この小さな瓶にどれだけ入っているのだと驚くくらい、広範囲に広がって、それはそれで、後片付けが大変なのです。みんなが憧れる素敵なグッズですが、手元に置いて眺めるだけという楽しみ方もされる方がいいのではないでしょうか? 机の上の装飾品として贅沢に飾って鑑賞することが、時間を忘れてしばしの休息になります。 いろいろ頭の中で想像するうえで必要なインクや万年筆は贅沢な時間のわき役として使えます。

[管理人特選サイト]
消化器官に負担が掛からない高品質のドックフードを紹介したサイトです⇒ ドッグフード 高品質